saikosvのブログ

saikosvのブログです

OOT10月のヴァンパイアについて

・デッキについて

二種類のアプローチがありました

 

1.コンボ構成

f:id:saikosv:20181028012857p:plain

序盤はドローに徹してライフで受けつつ、邪眼の悪魔やヴィーラといった進化ボーナスカードやフラウロスの直接召喚によって進化ターンでの盤面奪取を目指すデッキ。

4,5,6ターン目でのコスト踏み倒しに構築の主眼を置いているため、眷属への贈り物は3積み。

瞬間的に自傷ダメージが大きく、ライフ管理をフラウロスのラストワードに依存しているため、フラウロスも3積み。

2コス除去9枚+0コス自傷カード6枚+2ドローカード9枚を組み合わせてバランスよく引く必要があり、マリガンが難しい。

 

 

2.グッドスタッフ構成

f:id:saikosv:20181028011525p:plain

PP通りにしか自傷が出来ないため、1で信者が置けたかどうかによって試合中の自傷カウントが大きく変化する。

単体で機能するカードばかり採用されているため、コンボ型に比べてマリガンが簡単になりやすい。

ボード上でトレードが発生する分コンボ型に比べてライフを守りやすく、回復要求が少ないのでフラウロスの直接召喚への依存度が低い。

 

 

・構築所感

今期のヴァンパイアのマッチ相性は姦淫の翼によって支えられているため、姦淫の翼を無理なく3積み出来るグッドスタッフ型のほうが優れていると判断している。

コンボ構成は序盤のボードを捨てる形になっていて、特に先攻1ターン目からフォロワーを置かれると回復が追い付かなくなる点、パワースパイクが偶数ターンに偏っている点から、やや自由度が低いと感じている。

 

姦淫の信者は、環境にゴブリンがいないため1マナで1マナ以上のトレードが期待できる。3ターン目以降にフォロワーに有利トレードされる場合も攻撃権の分だけ自傷カウントが進んでいて、一方スペルで除去されている場合は2コス以上支払わせているのでテンポアドバンテージを獲得できる。

全ての対面に共通して素早く自傷カウントを7まで進めることが肝要である点、上記のテンポアドバンテージの面から、ヴァンパイアミラーを含めても姦淫の信者には十分に役割があると考える。

 

双石の悪魔はどちらのデッキにもドローソースとして採用されているが、4マナで2ドローと非常にコストが重くボードを損なう可能性があるため、自傷回数の補強とボードの奪還をする何らかの手段をセットで用意する必要がある。

元のスペックが低いので、噛み合い前提のカードと言える。

 

まとめ

今期のヴァンパイア、縦にも横にも強くて速くて太くてシャドウバース史上の中でもかなり強いデッキなのにミラーも一方的なゲームになりにくくて凄すぎたので記録のために書きました。翼バーナレクやばすぎ。